卯(う)

 
十二支の中で4番目に数えられる。前は寅、次は辰。
西暦年を12で割って7が余る年が卯年となる。
ただし紀元前は6が余る年。
卯の月は旧暦2月 (概ね新暦3月ごろ)。ただし旧暦4月を指す卯月という語もある。
卯の日は
日の十二支で調べられる。
卯の刻は日の出の時刻を中心とする約2時間。日の出の時刻は正卯(しょうぼう)。
卯の方は東の方角。卯酉線(ぼうゆうせん)は天球上の東西方向の大円を言う。

「卯」は『史記』律書によると「茂」(ぼう:しげるの意味)または『漢書』律暦志によると「冒」(ぼう:おおうの意味)で、草木が地面を蔽うようになった状態を表しているとされる。後に、覚え易くするために動物の兎が割り当てられた。なお、フランス、中国の一部、チベット、タイ、ベトナム、ベラルーシでは兎ではなく猫が割り当てられる。
卯年はピョンピョン跳ねるうさぎのイメージから株価が上昇する年と言われている。実際に1999年の株価は1年で37%高騰している。


卯の日を見つけよう

卯の年の卯の月の卯の日を見つけよう

辰へ

干支とは

参考:「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」

戻る